MENU

口腔外科

Oral surgery

口腔外科

親知らず

親知らずが気になる

親知らずが気になる

食生活の変化により、日本人の平均的な顎の大きさは少しずつ小さくなってきています。親知らずは顎の一番奥に最後に生えてくるため、親知らずが正しい位置に真っ直ぐ生えることができず、顎の位置からずれて生えたり、斜めや横を向いて生えたり、ほんのわずかにお口の中に生えるなど、親知らずを正しく磨くことができない状況に陥ります。

そのような親知らずがお口の中に存在すると、お口の中の細菌の数が増加し、親知らずがむし歯になる、親知らず周囲の歯茎が腫れるなどのトラブルの原因となります。更に、親知らずだけではなく、他の歯がむし歯になるリスクや歯周病が進行するリスクも増加します。

また、親知らずのトラブルを放置すれば、骨髄炎(こつずいえん)や蜂窩織炎(ほうかしきえん)といった重症な感染症につながり、点滴加療や大きな病院に入院が必要になることもあります。
親知らずに違和感やお痛みを自覚されましたら、お気軽にご相談ください。ただし、症例によっては専門医に紹介いたします。

CT検査

親知らずを安全に抜歯するために、当院ではCTを導入しております。
CT検査を行うことで、親知らずの根と下顎管(下顎神経の通り道)や上顎洞(副鼻腔と呼ばれる鼻の一部)といった解剖学的に重要な臓器との位置関係を3次元的に評価することができます。従来のレントゲン撮影(2次的な評価)より正確に解剖学的な情報を把握できますので、より安全に抜歯を行うことができます。

あごが痛い

あごが痛い

“あごが痛い”、”口が開きづらい”、”口を開けると音がする”このような自覚の方は顎関節症かもしれません。
顎関節症の場合は、あごの動きに連動して痛みが出ることが多いと言われています。

かみ合わせの不具合や、癖による顎への負担など様々な原因で起こります。
また、何もしなくてもあごが痛いという場合は顎関節症ではなく、親知らずの痛みなど他に原因があるかもしれません。お気軽にご相談ください。

治療は生活指導、運動療法やマウスピース、さらには根本的なかみ合わせの治療が必要な場合もございます。

口にできものがある

口にできものがある

お口の中は様々な刺激を受けます。“冷たい”“熱い”といった温度による刺激、“辛い”“酸っぱい”といった味覚による刺激、“歯にあたる”“間違って噛む”といった歯による刺激などが挙げられます。そのため、お口の中には様々なご病気が出現します。
早期にご相談いただくことで治療や対応が簡単に終わる可能性があります。

pagetop