MENU

義歯/入れ歯

Denture

義歯/入れ歯

保険と自費の入れ歯の違い

「保険の入れ歯と自費の入れ歯は、何が違うの?」「高級な素材だから値段が高いだけなんじゃないの?」そんな風にお考えの方も多いのではないでしょうか。
服で例えると、保険の入れ歯は既製品。自費の入れ歯はオーダーメイドといったところでしょうか。
保険と自費の入れ歯には、実は様々な違いがあるのです。

保険の入れ歯の目的は「最低限の原状回復」

保険の入れ歯は費用が安い分、使える材料が決まっていたり作る過程に制限があったりと、できることが限られてしまっています。なぜなら保険の入れ歯を作る目的は「最低限の原状回復」だからです。
しかし「最低限の原状回復」で満足される患者様は、実際には少ないのが現状です。
「周囲に入れ歯だとバレたくない」「違和感の少ない入れ歯にしたい」「好きなものを思い切り食べられる入れ歯が欲しい」といった、より生活を豊かにするような入れ歯をご提供するには、現在の日本の保険制度では対応が難しいのです。

使い心地も見た目も追求できる「完全オーダーメイド」の自費の入れ歯

自費のご負担で行う入れ歯治療は、検査や製作の工程にも制限なく、納得いくまで手間をかけて、一人ひとりに合った完全オーダーメイドの入れ歯をお作りすることができます。
入れ歯を作る素材や設計も自由に選ぶことができるため、自然で違和感のない色調、耐久性なども考慮し、お口に負担がかからず長持ちするものを厳選して使うことが可能です。
見た目にも自然な入れ歯、金属が目立たない入れ歯、厚みを薄くした入れ歯、外れにくい入れ歯など、さまざまな種類の中から、患者様のご希望に合わせてお選びいただけます。

自費の入れ歯治療をオススメする理由

当院は保健医療機関であるので、依頼があれば、保険のルールの下、最善をつくして入れ歯をお作りします。

しかし、本当に患者様にとって最善となる入れ歯をご提供したいと思っても、保険の制約のためにできないことが多くあります。
「こうしたらもっと隙間なく密着する入れ歯ができるのに・・・」「もっと噛める入れ歯が作れるのに・・・」と歯がゆくもどかしい思いをしてきたことも少なくありません。
保険診療に比べて、自費診療は患者様への経済的負担をおかけしてしまいます。しかし、患者様のお口の健康と入れ歯へのご満足度を考えると、保険診療でお作りする入れ歯ではどうしても対応しきれないのです。
歯を失っても、日常生活に不便することなく健康なお口を保っていただきたい。
正しく噛める入れ歯を入れることは、全身の健康を守るという意味でもとても大切なことです。きちんと噛むことができれば、消化器系の疾患や脳梗塞、心筋梗塞などのリスクも減らせるといわれています。お口にきちんと合う入れ歯で、健康寿命を延ばし、美味しい食事や大切な人との会話を楽しめる、明るい人生を歩んでほしいと思っております。
入れ歯でお悩みの方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

入れ歯の種類

入れ歯の種類は豊富です。見た目の自然さや、保険適用の有無などで様々な種類を選ぶことができます。

義歯の種類

ゴールド床入れ歯
ゴールド床入れ歯

金で土台(床)を作ります。費用は比較的高額になりますが、金属アレルギーや体への影響は少なく、腐食や変色は起こりません。

チタン床義歯
チタン床義歯

チタンで土台(床)を作ります。チタンは体の中に埋め込むことが出来るほど安全性の高い金属で、安心して長く使用できます。

コバルトクロム床義歯
コバルトクロム床義歯

コバルトクロムで土台(床)を作ります。コバルトクロムは義歯素材として長い歴史のある安心できる素材です。耐久性と快適性に優れており、金属床の中では比較的安価で製作できます。

シリコンの入れ歯
シリコンの入れ歯

土台(床)の一部をシリコンで作る入れ歯です。シリコンは柔らかいので、噛む時の痛みを軽減でき、食材をしっかりと噛めるようになります。

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

樹脂で作られており、薄く軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないことが特徴です。金属を使わないので金属アレルギーの心配はありません。

マグネットデンチャー
マグネットデンチャー

磁石を入れ歯と残った歯の両方に取り付けて装着します。磁石がしっかりと吸着し合うため、安定感に優れています。見た目は自然で、残った歯の根元を利用できるので装着時の違和感が少ないです。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯は、費用を抑えられることが最大のメリットです。デメリットは、見た目が不自然であったり装着時に違和感がある場合があることです。

レジン床義歯
レジン床義歯

歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。保険診療のため治療費が安く、適用範囲は広くほとんどの症例に使用することが出来ます。デメリットは、入れ歯を支える金具が目立ってしまうこと、強度を確保するために土台の厚みを持たせることで使用時に違和感が出てしまうことです。

pagetop