MENU

予防歯科

Preventive dentistry

予防歯科

予防歯科

歯が痛くなってから治療するのではなく、
痛くなる前にむし歯や歯周病などの歯の病気を予防することです。

歯の健康を保つためには、歯科医院などで行う「プロケア」(プロフェッショナルケア)」と、歯科医や歯科衛生士の指導に基づいた「セルフケア(歯磨き)」の2つをきちんと行うことが重要です。この2つを積極的に実践し、むし歯や歯周病ができる前に予防することは、健康寿命をのばすことはもちろん、将来的に金銭面においても負担が軽くなります。みなさまの歯の健康を守るためにも、当医院ではプロケアと、定期的な健診をおすすめしております。

予防歯科の必要性

日本人の70歳のときの平均残存歯数は7本といわれており、自分の歯だけではしっかり噛めないという方がかなり多いのが現実です。自身の歯で食事ができないというのは、想像より不便なことです。生涯にわたって自身の歯で噛めるようにしっかりとケアをしていくことがとても大切なのです。

実は、予防歯科に対する考え方の違いがこの結果になっているのです。日本人は、「痛くなったら歯医者に通う」と思っている方がほとんどですが、予防先進国では「痛くなる前に予防の為に歯医者に通う」という考え方の人がほとんどです。このことは、定期検診の受診割合の結果に出ています。

定期検診やプロケアのメリット

定期検診やプロケアのメリットとしまして、生涯の医療費が結果的にかからないことが挙げられます。歯は治すといっても元の状態に戻せるわけではございません。今の状態を維持することの方に費用をかけ、いつまでもイキイキとした生活を送りたいですね。

当院の予防歯科

予防歯科と言えば、医院でのクリーニングをイメージする人も多いかと思いますが、それは本質的なものではありません。
疾患の原因である細菌(いわゆる歯垢、プラーク)のコントロールを軸に、リスクファクターとなりうる咬合状態のチェックや生活習慣の改善等、総合的に患者様の健康を守ることが本質的な予防歯科であると考えています。

患者様ごとにオーダーメイドの予防プログラム

予防歯科

口腔内は人それぞれ異なります。
歯周病検査や唾液検査の結果を元に、その患者様のリスクに応じて予防プログラムを組み、衛生士が担当いたします。

歯を傷つけない機器を使用(超音波や微粒子パウダーを使用したケア)

エアフロー
予防歯科

従来の「ガリガリ」と歯石を取る機器などではどうしても歯に傷がつきやすいです。
当院では振動の少ない超音波の機器をご用意しております。
またバイオフィルム(プラーク)を剥がす目的のPMTCと呼ばれるクリーニングを当院では力を入れています。
従来では回転ブラシに研磨剤を用いていましたが、当院ではエアフローと呼ばれる歯を白くツヤツヤに整える微粒子パウダーなどを使用し「スッキリ気持ちいい」処置を行います。
最後にナノ粒子ハイドロキシアパタイトを含んだ歯のトリートメントとフッ素コーティングを行なっております。

むし歯予防効果があるフッ素塗布

フッ素塗布はむし歯予防を目的に、健康な歯に対して行われる処置です。乳歯が生えてきたお子様から成人、老年期のかたまで、幅広く応用できる処置になります。
フッ素は市販の歯磨き粉やうがい薬などにも配合されており、様々な形で広く応用されています。当院を含めクリニックで行うフッ素塗布は、歯に直接フッ素を作用させるので、より高い効果が期待できます。 フッ素には歯質を強くするほか、ごく初期のむし歯を治したり、細菌が酸を作ることを抑制するはたらきがあります。また、定期的に作用させることでより高い効果が期待できます。

よくある質問

なぜ定期検診とクリーニングを受けた方がいいの?
お口の健康を維持するために、何も症状や問題がないうちから、レントゲンを撮ったりお口の中をチェックして、管理・維持していくことが重要だからです。
どんなにブラッシングを頑張ったとしても、完璧に自分の口の中を清掃するのは難しいです。クリーニング(PMTC)では、ご自身では落としきれない細菌の塊(バイオフィルム)を歯ブラシや専用の機械を用いて、できる限り歯を傷つけないよう注意しながら除去します。歯へのトリートメント効果もありますので、定期的に受けることでよりプラークが付きにくくなることも期待されます。
歯磨きは食後すぐにするのは良くないの?
食後すぐに磨くことは逆効果で、歯磨きの回数よりも、いかにタイミングよく、プラークをコントロールするかが大事と考えられています。
細菌が、最も口腔内に増える時間帯は、唾液が減少する睡眠中~朝の起きぬけの間です。ここで細菌を増やさないようにすることが、大切になります。ですので、歯磨きするタイミングは、就寝前と起床時の2回がよいとされています。他の先進国では、このタイミングでの歯磨きが推奨されています。
歯間ブラシ、デンタルフロスはなぜ必要なの?
歯間ブラシ、デンタルフロスに共通する点は通常の歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間の清掃が有意に行えるということです。歯ブラシと併用することで歯垢の除去率は95%にまでUPするともいわれています。

歯間ブラシの使い方

歯間ブラシを歯と歯の間に歯肉を傷つけないようにゆっくり挿入し、前後に3~4回動かします。奥歯は頬側と舌側から行うと効果的です。
歯間のサイズは一人一人異なります。合わないサイズを使用していると、歯肉を傷めたりする原因にもなりますので最初は歯科医師か歯科衛生士に自分に合ったサイズを選んでもらうのが良いと思います。

デンタルフロスの使い方

まず30cm位にフロスを取り、端を指にクルクル巻きつけます(中指がいいでしょう)フロスを短めに持ちピンと張ります。フロスを歯に引っ掛けるようにして上下に数回移動させ歯の側面の清掃を行います。挿入の際に気を付けないとフロスが勢いよく入り歯肉を傷つけてしまうため注意してください。

歯磨き粉は何がいいの?
基本的には歯磨剤の成分はどれも同じ様なものですが、一番大事なのは、どの歯磨剤を使うかではなくいかに磨き残しを少なくブラッシングでプラークを除去できるかどうかになります。
実際、歯磨き粉は必要ないという専門家も多くいます。歯磨き粉をつけることによるデメリットは、
  • 香料のスッキリした感じで磨いた気になってしまう
  • 発泡剤の泡ですぐお口にいっぱいになってしまう

という点が挙げられています。こういった意見を加味した上で、きちんとブラッシングするのであれば、さらに歯磨き粉に入っている成分を利用することは大変有効と思います。特にフッ化物の効果はとても大きいのでなるべく使った方が良いと考えます。

歯科医院のクリーニングはどれぐらいの頻度がいいの?
お口の状態の悪い方は1ヶ月に一度、通常は3~6ヶ月に一度をお勧めいたします。
歯周病はどのように予防するの?
歯周病を予防するためには、何よりもまずプラークコントロールが不可欠です。歯の周辺に付着したプラーク(歯垢)を除去し、細菌を減らすことで歯周病の進行を食い止めることができます。
歯垢は、ご自身の毎日のブラッシングによって取り除くことができますが、歯肉の内側深く入り込んだ歯石は、ご自身で除去できないため歯科医院にて除去する必要があります。ご自身と歯科医院の相互の取り組みによって、歯周病を予防していきます。
また、歯周病の一番の予防は毎日のブラッシングです。適切なブラッシング方法も大切ですが、適切な知識をもって行うことが最も大切なことと考えています。
何歳から通うといいの?
目安として1歳6ヶ月児健診を受けられてからの初通院をおすすめしております。何故、1歳6ヶ月から歯のことが大事になるのかというと、その後の約26ヶ月が「感染の窓」と呼ばれる、最もむし歯菌に感染しやすい期間だからです。
フッ素塗布とは何?
フッ素はむし歯に強い歯を作る成分を含んでいます。
歯に直接フッ素を塗布することで、市販の歯磨剤よりも効率的に歯質を強化することが出来ます。
pagetop