MENU

インプラント

Implant

インプラント

当院はインプラントに特化した医院ではございませんので、インプラントだけを強く勧めることはありません。
あくまでも1つの治療の選択肢として提示しております。
お一人お一人の口腔内の状況を総合的に判断して、1番ベストと思われる場合は提案させていただきます。

インプラントとは

インプラント

インプラント治療とは、様々な原因で歯を失った場合に、その部分の骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根に人工の歯を埋め込む治療法です。
インプラント治療は、なくなった歯が一本の場合から、複数の場合でも有効です。
「噛む」という点、「違和感の少なさ」という観点からするとインプラント治療は最も優れた治療と言えると思います。

インプラントのメリット

  • 健康な歯を削る必要がない

    インプラントは歯が欠損している部分に埋め込みます。そのため、ブリッジのように隣接する健康な歯を削ったり、負担をかけたりする事がありません。むしろ他の歯の負担を軽減させることになります。

  • 入れ歯よりもしっかり噛める

    総入れ歯の場合、自分の歯に比べて噛む力が80%ほど低下するため、噛みにくく、食事に苦労する方も少なくありません。また、熱いものを気軽に口にすることができない人も多いのです。
    しかしインプラントは、自分の歯と同程度の噛む力まで回復できます。

  • 見た目の良い歯を装着できる

    ブリッジ治療の場合、保険が適用になりますが、治療部位によっては金属しか保険が適用になりません。また、部分入れ歯の場合、金属のバネが目立ってしまいます。インプラントは、審美性の高い素材を使用でき、天然歯に近い審美性を回復することが可能です。

インプラントのデメリット

  • 保険がきかない(自由診療)

    インプラント治療は保険が適用となりません。保険のブリッジ・入れ歯に比べると費用が高額になってしまいます。支払い方法については相談可能です。ご自身の場合の費用について把握したうえで、治療法をご検討いただきたいと思います。

  • 外科手術が必要になる

    インプラント治療は、顎の骨にインプラントを埋入する手術が必要となります。麻酔により痛みなく治療を受けていただけますが、ブリッジや入れ歯に比べると、やはり体の負担は大きくなります。そのため、糖尿病や高血圧の方はコントロールした後での手術となります。
    重度の全身疾患をお持ちの方は、治療をお断りする場合があります。

  • 治療期間がブリッジ等に比べ長い

    インプラント治療にかかる期間は、お口の中の状態や治療部位によって異なりますが、通常4~6ヶ月かかります。歯を抜く処置からですと、骨の治りを3ヶ月から半年ほど待ってから埋入となることが多いです。
    インプラントが骨と強く結合するまでに期間を要するため、ブリッジや入れ歯に比べて治療期間が長くなります。

pagetop