MENU

むし歯治療

Genral dentistry

むし歯治療

誰でもお口の中にはたくさんの細菌が存在します。
その中のむし歯菌は、食事の糖分を取り込み酸を出します。
この酸が歯を溶かし続けることを脱灰といい、この作用が続くとむし歯になってしまいます。

なぜ人によってむし歯のなりやすさに違いがあるのでしょうか?

むし歯に影響する3つのポイント

1.食習慣
糖分を含んだ食事をする度に、歯の脱灰が起こります。間食が多いとそれだけ進行しやすくなります。
2.唾液
唾液は細菌が出した酸を中和する力(唾液の質)があります。 ですので唾液の量が多いほど中和しやすくなります。
この唾液の質と量は個人差があります。 当医院では唾液検査で知ることができます。
3.むし歯菌の数
元々むし歯菌がない赤ちゃんのお口の中ですが、親と生活を共にすることで最初に感染することがほとんどです。
ここでの感染の程度によって菌の所有数に違いが出ます。 当医院では唾液検査で知ることができます。
また食生活、歯磨きの状態、不適合な詰め物などにより菌の数も大きく変化します。

むし歯予防のキーワード

1.間食を減らす
食後1時間がむし歯になりやすい時間帯です。ですので1日の食事回数を減らすこと(主に間食)が重要です。
意外と盲点なのが糖分を含んだ飲み物です。お茶やお水は問題ありませんが、スポーツドリンクやジュースは極力少なくする必要があります。
2.よく噛む
食事中によく噛むことで酸性に傾けにくくすることができます。
噛むことで唾液の量が増え、pHの戻りも早くなります。また噛む回数が多いと食べ物の流れで歯の汚れが落ちていきます。
ただし、噛む回数を意図的に増やすのではなく、よく噛まないと飲み込めない食事を選ぶことが重要です。(加工食品を減らす)
3.歯磨き
食後の歯磨きが毎回できれば理想ですが、無理な場合は寝る前に丁寧に歯を磨いてください。
寝ている間は唾液の分泌が少ないためむし歯になりやすくなります。
4.フッ素
フッ素を歯に取り込むことで歯質強化をし、むし歯予防につながります。
普段はフッ素入り歯磨き粉を使用し、定期的に歯科医院でのフッ素塗布をお勧めします。

むし歯はこうして進行します

要注意歯
C0要注意歯

歯の表面はエナメル質で覆われており、表層のカルシウム成分が溶け出始めた段階の歯です。光沢がなくなり白っぽくなります。この段階では「穴」になっていないため、歯の再石灰化が期待できます。フッ素を上手く利用して、毎日の歯みがきでむし歯に進まないようにしましょう。

初期のむし歯
C1初期のむし歯

歯の表面はエナメル質で覆われており、むし歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質がむし歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。むし歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

歯の内部まで進行したむし歯
C2歯の内部まで進行したむし歯

エナメル質の内側には象牙質がありますが、むし歯が象牙質まで進むとむし歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

神経まで進行したむし歯
C3神経まで進行したむし歯

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄があります。むし歯がさらに進行して歯の神経までむし歯菌に感染してしまうと歯髄炎となり、歯がひどく痛みだします。こうなると、むし歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

歯の根(歯質)が失われた歯
C4歯の根(歯質)が失われた歯

むし歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根までむし歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症し腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

pagetop